ミュレーターのアプリは、画面内にアンプの実機の見た目も再現した感じになっているものが一般的。 なので、操作系も画面内にある実機のインターフェイスのミニチュアを操作する感じになりま … ミュレーターとは?~メリットや使い方~ - Geek IN Box ミュレーターとは、本物のギターアンプを鳴らしてマイクで録った音を ミュレーター、Ignite Amps SHB-1 を紹介させて頂きました。 さすがは Ignite Amps、フリープラグインでありながらもしっかりとクオリティが高いです。 ミュレーターを5種+1種紹介し、サウンドサンプル付きで比較している記事。色々な角度や実際の使用感などを元に多角的に比較を行 … ミュレーターの場合はそうではない場合も多いからです。 ミュレーター、エフェクターの中でも特に使えるプラグインを6つご紹介させて頂きたいと思います。関連記事↓こちらもどうぞ[2020] 本気で使えるフリードラムソフト6選! ミュレーター10アイテムをランキング形式で紹介。 こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。, IK Multimedia Amplitube SVX(無印)のレビューになります。ベーシスト DTMer なら必見!?の、Ampeg 元公式アンプシミュレーターです。, Amplitube SVX は、IK Multimedia の人気アンプシミュレーター、Amplitube シリーズのベース用拡張パックです。, Ampeg 系のベースアンプを4種類、キャビネットを6種類、ストンプを8種類収録したベースアンプのセットになります。, 元々 Ampeg 公式のモデルだったのですが、現在はどういうわけか Ampeg の名前はプロダクトから削除されています。ライセンスが切れたのでしょうかね…, とはいえ、中身自体に変更はないと思われますので、あくまで Ampeg 系のアンプシミュレーターであることに変わりはありません。, ベース用のアンプシミュレーターってなかなか選択肢が多くない中、有名ドコロの Amplitube から Ampeg の(元公式)アンプシミュレーターが手に入るのは嬉しいです。, しかも Amplitube の商品特性上、拡張パックと言えども、これだけ買えばフルで使えるというのもポイント高いです。, さて、そんな Amplitube SVX ですが、具体的な収録モデルは以下になります。, 以下の通り、分かる人には説明不要な感じの Ampeg 盛り盛りのセットです。ベーシストならアツいラインナップではないでしょうか。, キャビネットは基本的に各ヘッドの Matched として当てられるものを基準にします。マイクは SM57 をセンターから少しずらす程度の位置にしています。, コンボアンプですが Amplitube プラットフォーム上のアンプシミュレーターなのでキャビネットを付け替えられるのが面白いですね。, とはいえやはり Matched キャビネットの SVX-500 が一番しっくり来ます。, ミニアンプらしい、ドライブさせていくといい感じにダーティになっていく感じが良いですね。量感を保ちつつも、メタル系にも合いそうなコンプレッションされた汚れ系サウンドが良い感じです。, Ampeg B-15R という1960年代のヴィンテージアンプのリイシューモデルが元になっています。, これもドライブ感が気持ち良いです。SVX-500 とは違った質感の、もう少し立体的で前に出てきつつジリジリしてくるというか、まあ鳴らせば格好良いと言う人が殆どではないだろうかというサウンド(笑), Ampeg SVT-Classic (SVT-CL) という、Ampeg SVT シリーズのオリジナルモデルを現代に復刻させたモデルが元になっています。, クラシックなモデルのはずなんですが(そして高額なモデル)、どちらかというとクリアでモダンな方向性、上記2種よりは下記の SVT-PRO に近い質感です。, 初期状態だとふくよかで結構おとなしい感じですが、キャビを小さいものに換えると元気になります。あと出力がデカイ。, Ampeg SVT-4PRO という、いわゆる「モダンアンペグ」の代表的な機種の1つが元になっています。, Amplitube 特有の歪みが乗りにくい感じがやや気になるものの、ペダルと合わせてしっかりドライブさせていけば太くゴリゴリのモダン系サウンドが作れますね。, Amplitube SVX(無印)は、確か Amplitube 3 時代の製品で、大元の設計は結構古かったはずです。, なので、全体として決してハイファイな音ではないのですが、しかし当時の製品としては非常によく元のアンプの雰囲気が出ていると思います。, アンペグらしいファットさや粘り感、良い意味での中低域の飽和感みたいなものがよく再現されており、アンペグっぽい格好良くて使いやすい音を確実に感じられるでしょう。, ベースのアンプシミュレーターって音作りを失敗すると細い音になりやすいのですが、そういった感じがないのも良いです。全体的に量感がしっかりしています。, 扱いやすさという点では Amplitube らしさとも言えますね。あくまで上記のような特徴は捉えつつも、どこか淡白でさっぱりしているのでオケに馴染みやすい感じは、まさに Amplitube らしさです。, Amplitube x Ampeg という組み合わせは、DAW 上でエレキベースサウンドを扱う上でのある種1つの基準と言って良いと思いますので、興味がある方は良きタイミングで入手してみてはいかがでしょうか。, DTMer / ブロガー / バンドマン。「Lostmortal」として音楽活動とDTMブログ執筆を行っています。, 【ML Sound Lab】Amped Roots Free レビュー【EVH5150】, 【Kuassa】Amplifikation 360 を使ってみた【Kuassa製品統合モジュール】, 【Nembrini Audio】Analog Rack Freeを試してみた【フリーVST】, 【Plugin Alliance】Ampeg SVT-3PRO レビュー【ベースアンプシミュレーター】, SVX-15R (Based on the re-issued 1960s Ampeg B-15R), SVX-500 (Based on the Ampeg BA500 Cab Model), SVX-15R (Based on Ampeg B-15R Portaflex “Flip Top” Cab Model), SVX-410B (Based on Ampeg BXT 410H Cab Model), SVX-212 (Based on Ampeg PB-212H Cab Model), SVX-410S (Based on Ampeg SVT-410H Cab Model), SVX-810E (Based on Ampeg SVT-810E Cab Model), SVX-OD (Based on the Ampeg SCP-OD Overdrive pedal), SVX-OCT (Based on the Ampeg SPC-OCT Octaver pedal). KORG / Pitchblack Advance PB-AD ペダルチューナー ¥5,180(税抜) (¥5,698 税込) (19件) プロ/アマ問わず世界中で愛されてきたチューナーがアップデート。抜群の視認性を誇る4種類の表示方法を備えたディスプレイの他、±0.1セントまで追い込める超高精度チューニング、トゥルー・バイパス仕様 … 2019-02-18 15:19:59, ギターアンプはヘッドアンプとスピーカーキャビネットを使って音を出しています。更にレコーディングなどではマイクの種類や立て方によっても音が変わります。それをシミュレートして、実際のアンプサウンドのように処理をしたのが、アンプシミュレーターです。, 手に入れづらいアンプから最新のアンプまでさまざまな種類のアンプを再現してくれるアンプシミュレーター。多くのモデルではエフェクターも付いているなど、1台あればサウンドメイクが完結できてしまいます。プロが使う本格的なものから初心者が気軽に使えるモデルまで多くの種類が出ています。, 今回は口コミと一緒にアンプシミュレーターのおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。気になる商品があれば購入を検討してみてはいかがでしょうか。, ギターやベースの音をより臨場感あふれるものにできるアンプシミュレーターの選び方のポイントを見ていきましょう。, アンプシミュレーターにはアンプ一体型のものからコンパクトなモデルまでさまざまな種類が出ています。扱いやすいタイプを選ぶようにしましょう。, ギターアンプやベースアンプのヘッドアンプと同じように使えるのが、パワーアンプ内蔵型のアンプシミュレーターです。スピーカーを繋ぐだけで演奏した音を出力することができるので、ライブやスタジオで大音量で鳴らすことができます。, パワーアンプ内蔵タイプのアンプシミュレーターは、出力の仕方を選ぶこともできるのでアンプとスピーカーをシミュレートした音をスピーカーキャビネットに出さずに、ラインで出力することもできます。DTMやレコーディングなど直接パソコンに取り込むこともできます。, 家で作ったサウンドをそのまま外に持ち運べるので、自分の音をあらゆる場所で再現することができます。また、機能が豊富なので高額にはなりますが、プロも使用するほどの機能や音質を持っているので、予算があればおすすめのタイプです。, ラックタイプのアンプシミュレーターは、エフェクターのラックタイプのような形状で、サイズも大きいですがその分多機能なのが特徴の製品です。スピーカーキャビネットから音を出力するさいには、別途パワーアンプやヘッドアンプに接続する必要があります。, 入出力の端子も多く、同時に別系統に音の信号を送ることができるなど、さまざまな使用方法があります。プロの現場で使用されることが多く、音のクオリティが高いのが特徴です。また、使えるアンプの種類やエフェクターも豊富で、音の設定も細かくすることが可能です。, 音がクリアな傾向があるので、真空管アンプと組み合わせて使用しているプロのアーティストもいます。音質が高いので、工夫次第でさまざまなサウンドを作っていくことができます。, デジタル技術の進化でより小型になったタイプがフットペダルタイプです。エフェクターと同じように足元で操作することができ、コンパクトなのでライブやスタジオのセッティングや持ち運びも楽にできます。, アンプシミュレーターだけでなく、エフェクターも多数入っているマルチエフェクタータイプのものが多く、足元に増えがちなエフェクターをまとめることができ、シンプルなセッティングを可能にしてくれます。また、スイッチごとに違うアンプを設定することで、曲ごとにアンプを替える使用方法もあります。, さまざまなブランドから製品が登場しているので、種類も数も豊富なのがフットペダルタイプです。好きなブランドやデザイン、音の傾向などで選ぶことができます。, スピーカーキャビネットとヘッドアンプ、それにアンプシミュレーターが一体型になっているタイプがコンボアンプタイプです。ギターにシールドをつけて電源を入れるだけで、すぐに使用することができる簡単さがあります。家で練習やレコーディングに使用するだけでなく小規模のライブにも対応できます。, アンプシミュレーターは外部のスピーカーを使う際に、そのスピーカーの特性によって出力する音も変わってしまいます。コンボアンプタイプはスピーカーも一体型になっているので、アンプシミュレーターを使用した際の音をそのまま外に持っていける利点があります。, USBの入出力を備えているモデルも多く、オーディオインターフェイスとしても使うことができるので、音を出さずに録音をすることもできます。, アンプシミュレーターには、アンプの特性をアナログ方式で出すものとデジタル方式でモデリングしたものがあります。, アンプシミュレーターで主流なのがデジタル方式です。チップを内蔵してアンプの音をデータとして処理をします。使えるアンプやキャビネットの数、それにエフェクターの種類が豊富なのが特徴です。また、小型化をすることができるので、よりコンパクトなモデルも多くあります。, また、USBなどでパソコンやスマホなどと接続することで、レコーディングやソフトを使用して新しいデータの取り込みや書き出しなどができます。プリセットのように簡単に音を呼び出せて、使用することができるので、初心者でも効果的に使うことが可能です。, 音のデジタルくささなど、過去には物足りないという意見もありましたが、デジタル技術の向上でリアルなサウンドを出せるようになっています。, デジタル方式より以前からあったアンプシミュレーターがアナログ方式の製品です。デジタル方式のモデルはアンプの音を忠実に再現していますが、アナログ方式は音の傾向に寄せることでアンプを再現しています。エフェクターのようにシンプルな操作で音作りをできるのが特徴です。, アンプの種類が少なく、出せる音が限られていますが、分厚い音や歪ませることができるなどデジタル方式では設定をしないと出せないような音を即座に出すことができます。エフェクターとして使える手軽さがあるのも特徴のひとつで、プロも好んで使っている人がおり、ファンも多く存在します。, アンプシミュレーターをどうやって使用するかによって選びます。持ち運びや機能の便利さなどをあらかじめ考えます。, 主にDTMなどのレコーディングでアンプシミュレーターを使用する際は、移動を考えなくても良いので機能面で充実したものを選ぶようにします。出したいアンプサウンドがある場合は、そのアンプの音を出せるアンプシミュレーターを選ぶようにしましょう。, デジタル方式のアンプシミュレーターにはUSB接続ができるものが多くあるので、オーディオインターフェイスとして使用することもできます。これから、DTMを始める場合余計に機材を買わなくても良いのでコストを下げることができます。DTMソフトやパソコンが対応しているかだけ確認しましょう。, またアンプシミュレーターに設定用の専用ソフトがある場合は、大きい画面で細かい設定をすることができるので用意しておくと便利に使えます。, ライブやスタジオでの使用が主な場合、便利に使えるのがフットペダルタイプです。ギターバッグに入るものや、専用ケースで持ち運ぶことができ、コンパクトに使うことができるのでおすすめです。ただ、使用するアンプによって音も多少変わってしまいます。, 音にこだわりたいという方はラックタイプやパワーアンプ内蔵タイプを使用することで、音の変化を少なくすることができます。重量があるので持ち運びには力が必要ですが、本番でクォリティの高いサウンドで演奏をすることができます。, 外に持ち運ぶ機会が多い場合、本体の重さや持っているギターと一緒に持ち運べるのかどうかなどを確認しておきましょう。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51eCPPB32jL.jpg"], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 小型のコンボアンプタイプで、ビンテージアンプや高級なブティックアンプなど5種類のアンプサウンドを出すことができます。またエフェクトも搭載しているので、これ1台でさまざまなサウンドを作ることができます。小さいサイズながらピッキングのニュアンスをしっかりと再現することができます。, レビューを見てみると、自宅でオーディオで音楽鑑賞するのと同じ音量レベルで素晴らしいギターの音質を楽しめます、いろんな音色が楽しめてエレキを惹くのが楽しくなった、軽くて持ち運びにも便利という評価が見られます。, 電池駆動もできるので外出先での練習や小さい規模のライブなどでも活用することができます。ギターを持ってすぐに色々なサウンドで弾いてみたいと考えている方におすすめです。, [{"key":"重さ","value":"3.5㎏(発送重量)"},{"key":"種類","value":"コンボアンプタイプ"},{"key":"特徴","value":"電池駆動"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51823OTWeIL.jpg"], BOSSのCOSM技術を使用したマルチエフェクターです。最新のデジタル技術でモデリングされたアンプシミュレーターを内蔵していて、リアルなサウンドを作り出します。また視認性がよくわかりやすいコントロール部分を採用しているので、直感的にサウンドを作っていくことができます。, レビューを見てみると、初心者から上級者まで間違いなく幅広く使えるしこの機能でこの値段は素晴らしい、面倒な操作感に惑うことなく操作上のストレスが無くて良いという評価が見られます。, 9種類のアンプから選ぶことができ、ピッキングのニュアンスをしっかりと反映するなどパフォーマンスの良いアンプシミュレーターです。持ち運びができ、1台でまかないたいと考えている方におすすめです。, [{"key":"重さ","value":"3.6㎏"},{"key":"種類","value":"フットペダルタイプ"},{"key":"特徴","value":"マルチエフェクター"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51zyI0rT6TL.jpg"], コスパの良い商品を次々に製造しているズームから出しているマルチエフェクターです。アンプシミュレーターの機能もあり、22タイプのアンプから選択することができます。また、エフェクターも94種類の中から選ぶことができ、多彩な音作りをすることが可能になっています。, レビューを参考にすると、コンパクトサイズで使い勝手が非常にいい、USBでPCとのインターフェイスとしても便利、エフェクトの機能を知らなくてもとりあえず操作してみて色んな音を出して楽しめますという評価を得ています。, コンパクトなサイズながら機能も豊富で、パソコンとの接続でオーディオインターフェースとしても使用が可能です。初心者の方でも色々なサウンドに触れることができるのでおすすめです。, [{"key":"重さ","value":"1.6㎏(梱包重量)"},{"key":"種類","value":"フットペダルタイプ"},{"key":"特徴","value":"オートセーブ機能"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41ASd4GjK2L.jpg"], 20ワットの出力を持つアンプで、プリセットから簡単にアンプやエフェクターなどを選ぶことができます。通常のアンプのように使用することができ、簡単ですぐにさまざまなアンプの音を楽しむことができます。また、USBでパソコンに接続することで音の編集やレコーディングをすることができます。, レビューを見てみると、流石LINE6こんな安い小型アンプでもこれだけの音が出るとは、エレアコ、ギター、ベースまでこれ一台で済んでしまう、手軽で安価な練習用アンプと呼ぶには十分すぎるスペックと高い評価を得ています。, 練習だけでなく、小さい規模のライブなどでも使用することができます。スピーカーが一体型になっているアンプシミュレーターを求めている方におすすめです。, [{"key":"重さ","value":"2㎏"},{"key":"種類","value":"コンボアンプタイプ"},{"key":"特徴","value":"アンプ一体型"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51qnqXDTsFL.jpg"], フットペダルで有名なデジテックから出しているフットペダルタイプのアンプシミュレーターです。シンプルでスタイリッシュなデザインを持ち、54種類のアンプと26種類のキャビネット、さらに85種類のエフェクターを選択して使用することができます。, レビューを参考にすると、中音低音がしっかり出ていて光沢感のある太い音、画面遷移が最小限なので迷いにくく今自分が何を触っているかが明快と高い評価を得ています。, 接続などの設定がわかりやすく、液晶とツマミのシンプルなコントロールで直感的に操作をすることができます。また、USB接続ができるので、オーディオインターフェイスやサウンドデータの取り込みをすることができます。コンパクトにアンプシミュレーターのサウンドを楽しみたい方におすすめです。, [{"key":"重さ","value":"1.9㎏(発送重量)"},{"key":"種類","value":"フットペダルタイプ"},{"key":"特徴","value":"サウンドチェック機能"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51hHDEsDqTL.jpg"], アナログ方式のアンプシミュレーターで、3ポジションのスイッチが3つ付いているので27通りのサウンドを楽しむことができます。シンプルな作りなので操作性がよく、好みのサウンドを直感的に作っていくことができます。また、音圧が高いので歪みのエフェクターとしても使うことができます。, レビューを見てみると、値段も手頃だし自分好みの音が見つかる、レコーディングでもライン取りで使える、音圧とリアル感にびっくりしましたと高い評価を得ています。, アナログならではのサウンドが持ち味で、アンプとの組み合わせを楽しむことができるモデルです。最初のアンプシミュレーターとしておすすめです。, [{"key":"重さ","value":"0.4㎏(梱包重量)"},{"key":"種類","value":"フットペダルタイプ"},{"key":"特徴","value":"シンプルな音作り"},{"key":"方式","value":"アナログ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41bGL35gojL.jpg"], LINE 6は早くからデジタルの技術を採用したアンプシミュレーターを製造していました。HX Stompは、フットペダルタイプのコンパクトで機能が充実したモデルです。フラッグシップモデルのHelixと同じ技術とサウンドを詰め込んでいて、ライブやスタジオに上質なサウンドを持ち込むことができます。, レビューを参考にすると、コンパクトでパフォーマンがよい、アンプモデルやペダルをどんどん切り替えていくだけで好きな音はすぐ見つかると高い評価を得ています。, 300種類以上のアンプやエフェクターが入っているので、さまざまなサウンドを出すことができ、フットペダルで呼び出すことも簡単にできます。足元をシンプルにしつつも、さまざまなサウンドを楽しみたいという方におすすめです。, [{"key":"重さ","value":"0.82kg"},{"key":"種類","value":"フットペダルタイプ"},{"key":"特徴","value":"HX Edit(同梱ソフト)"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41VEQw-rxNL.jpg"], プロの現場でも発売当時から活用されている、ハイエンドのアンプシミュレーターです。クリアなアンプサウンドが魅力で、ヘッドアンプだけでなくスピーカーキャビネットもシミュレートすることで何種類ものアンプサウンドを作り出すことができます。, また、内蔵されているエフェクターも数多くあり、そのサウンドはクリアでレコーディングで扱いやすいサウンドが特徴です。また、大きな画面は解像度が高く明るさやコントラストが高くなっているので視認性が良く、音作りをする際に迅速に行うことを可能にしています。, 入出力端子も豊富に用意されているので、ライブやレコーディングなどさまざまなシチュエーションに対応することができます。また、8in8outのオーディオインターフェイスとしても使うことができ、製作環境をシンプルにすることも可能です。, [{"key":"重さ","value":"6.87kg"},{"key":"種類","value":"ラックタイプ"},{"key":"特徴","value":"多彩なエフェクター"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41qLKKUB6kL.jpg"], BIAS HEADは、パワーアンプを内蔵したハードのアンプシミュレーターの中では低価格の部類でありながら、多彩なサウンドを作り出すことができます。また同梱のソフトであるBIAS AMPと連携することで、パソコンで作ったサウンドをそのままライブやスタジオに持っていくことができます。, ヘッドアンプだけでなくスピーカーキャビネット、マイクのレスポンスなどを設定することで自分だけのアンプサウンドを手に入れることができます。また、アンプコレクションがネット上に用意されているので、さまざまなアンプを試すことができ、更にカスタマイズすることで自由に楽しめます。, アンプを細かく設定できるのが特徴で、音を確認しながらアンプサウンドを作っていくことが可能です。アンプシミュレーターの機能をすぐに取り入れたい方におすすめです。, [{"key":"重さ","value":"7.7kg"},{"key":"種類","value":"パワーアンプ内蔵"},{"key":"特徴","value":"BIAS AMP(同梱ソフト)"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41GvnqTBlfL.jpg"], リアルなアンプサウンドが人気を集めているKEMPERは、アンプの持つ音の質感までもシミュレートしているのが特徴で、クリアなだけでなく味のあるサウンドを出してくれます。またプロファイリング機能でアンプの音を取り込んで、調整する機能もあり、気に入ったアンプをKEMPERで再現することができます。, 取り込んだアンプのデータはネットからダウンロードすることもでき、気になるアンプや高すぎて買えなかったビンテージアンプの音を手に入れることができます。プロの現場でも使われているアンプシミュレーターですが、質の良いアンプサウンドを即座に出すことができることから、初心者が最初に持つアンプとしてもおすすめです。, [{"key":"重さ","value":"7.1kg(発送重量)"},{"key":"種類","value":"パワーアンプ内蔵"},{"key":"特徴","value":"プロファイリング機能"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ここまでアンプシミュレーターの人気ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。アンプシミュレーターにもさまざまな種類の製品があります。使用用途や使いたいアンプなどによってアンプシミュレーターを選ぶことで、自分のサウンドを手に入れることができます。より良い音を作るためにもアンプシミュレーターを導入してみてはいかがでしょうか。.

徳島 懐石 ランチ, 保護色か ランプは好きか 明かりはつかないという意味だが, 大根 きゅうり サラダ, エクスペリア 電話帳 転送 ブルートゥース, 生焼け 魚 腹痛, ニキビ 化粧水 乳液, 多部未華子 Cm ビール, 幼稚園 おにぎり弁当 具, 石垣島 旅行記 1月, 軟飯 米から 1合, コインパーキング ロック板 接触,